当院での感染症対策について インビザライン治療はDr.亀山愛子にお任せください Page Top
tel.093-621-3804 お問い合わせ

基本概要

亀山矯正歯科センター

〒806-0026
福岡県北九州市八幡西区西神原3-29
TEL:093-621-3804
Mail:kameyama.kyousei@gmail.com

診療時間 ※完全予約制

月:9:30~20:00
火:9:30~19:00
水:9:30~20:00
木:休診日
金:9:30~20:00
土:9:30~17:00
※昼休み:13:00~14:30
※祝日のある週の木曜は火曜の診療時間で診療を行います(09:30~13:00、14:30~19:00)

休診日

木・日曜、祝日

アクセス

JR鹿児島本線 黒崎駅 南口より徒歩8分
JR鹿児島本線 八幡駅より車で8分
筑豊電気鉄道 今池駅より車で18分
JR日豊本線 小倉駅より車で26分

患者様に落ち着ける環境の中で矯正治療に取り組んでいただきたいと、院長自らがデザインした院内空間は優美かつ洗練された雰囲気です。

歯列矯正の治療は、長期にわたるもの。
まるで美容サロンやブティックのようなおしゃれな空間で、リラックスしながら治療を行います。またカウンセリングスペースと治療空間は分かれているので、衛生的。プライベートに配慮し、個室もご用意しているので、相談しやすい雰囲気です。

  

お悩みやお困りごと、ご要望などは、ご遠慮なくお伝えください。

設備

ドクター自身の医療技術の向上はもちろんの事ですが、矯正治療でより良い成果を残せるよう機器類についても充実させています。

頭部X線規格写真(側面セファロX線写真・正面セファロX線写真)

当院では、デジタルセファロレントゲン装置を使用しています。
横顔のX線分析は、矯正治療の正確な診断を行う上でとても重要です。一定の規格条件で撮影することで、顎の形や大きさ、歯の位置異常などを標準テンプレートと比較し評価します。
不正咬合者の中には下顎の過成長が原因で起きている反対咬合(受け口)や、劣成長が原因の上顎前突(出歯)が少なくありません。咬み合わせの異常が、顎の骨の形態によるものか単なる歯の位置異常によるのかを診断することが大切です。

歯科用CT

一般に、矯正治療ではパノラマ写真とセファロ写真を使って診断しますが、当院ではこれらに加え歯科用CTを利用し、より正確な診査・診断を行なっています。
歯科用CTは、 3次元的な顎の骨や歯根の位置を確認するのに大変効果的です。3次元的に把握することで、歯を(顎の骨の中に埋まっている歯根を)どこまで動かせるかあらかじめわかるなど、診断の精度を大幅に高めることができます。また顎の骨や歯根の位置から、治療後の最終的な歯の位置がより正確に予測。患者様の仕上がりの希望が困難な場合でも詳しい説明を加え、希望に添える新たな提案をさせていただきます。

このように綿密で確実な診断を行った上で説明をしっかり行い、治療について納得していただくことで、患者様にも安心して治療を進めていただくことができるのです。

3D光学スキャナ― iTero element(アイテロエレメント)

「2017年8月日本初上陸」となる口腔内カメラの3D光学スキャナ― iTero element(アイテロエレメント)を同年同月、日本全国に先駆けて導入しました(2017年8月導入)。
従来、歯の型どりには、粘土状の素材を歯に圧接して硬化して作っていました。しかしこれらは固まるまでに時間がかかる上に、息苦しさや嘔吐反射など患者様に多くのストレスを与える作業でもあります。
「iTero Element」は、口腔内を撮影することで精密な歯型を採取することが可能です。従来のシリコン歯型採取による患者様のストレスをなくし、また治療開始までの期間短縮を可能にするなど、より良い医療を提供できるようになりました。